News

ホワイトバーチウォーターって温めるとどうなるの??

ホワイトバーチウォーターについて、以下のような質問をいただくことがあります。

温めるとどうなるの?
成分は全部飛んでしまうの?

などなど、

確かに火にかけ沸騰してしまうと成分が蒸発して消えてしまうんじゃないかって思いますよね。
ですが白樺樹液を火にかけ沸かしたとしても成分が飛ぶことはほとんどなく、むしろ逆に樹液に含まれるグルタミン酸が約5倍になるとされています。

ホワイトバーチウォーターの愛好家の方達は、樹液を火にかけ沸かし、お鍋やしゃぶしゃぶの出汁にして使用され楽しんだりされています。

毎日美容と健康のために飲んでいただくも良し、時にはアレンジとしてホワイトバーチウォーターでお鍋やしゃぶしゃぶを楽しんでみてはいかがでしょうか?実際にホワイトバーチウォーターを火をかけて沸かしてお飲みいただくと、昆布から取れた出汁のような旨みが感じられるのでぜひお試しください。

なんとも贅沢なお鍋なんでしょう・・・☆

グルタミン酸:タンパク質構成アミノ酸の一種で、非必須アミノ酸。
主に脳神経細胞のエネルギー源となり、体内ではセリン、アスパラギン酸、アラニンが作られる際に必要なアミノ酸。
アンモニアによる脳機能の障害を抑え、アンモニアの酸性度を調節し、グルタミンにかえて脳の燃料として利用される他、利尿効果、疲労回復、アルコール依存症の改善、肥満予防などに効果があると言われている。

関連商品